梧野里の楽浪墓

南井里石巌里土城里貞柏里,貞栢洞梧野里


梧野里 画像 261
 Oya-ri,   Daedonggang-myeon,   Daedong-gun,   Pyeongannam-do 
 오야리  대동강면  &대동군  평안남도
 梧野里  大同江面  大同郡  平安南道
 おやり  てどんがんみょん  てどんぐん  ぴょんあんなむど
煉瓦採土場・土採場・
土採場塼墓
5号墳〜17号墳+25号墳
梧野里第7号墳 地図 土採場せん墓6
土採場+梧野里93
採土場+梧野里3
方格規矩四神鏡187φ
梧野里第10号墳 方格規矩四神鏡 220φ 方格規矩四神鏡160φ
梧野里第11号墳 方格規矩四神鏡170φ 方格規矩四神鏡140φ
梧野里第12号墳 斜縁神獣鏡22吾作銘142φ
不明 斜縁神獣鏡42吾作銘164φ
流雲紋縁細線式獣帯鏡164φ
内行花紋鏡95φ
鋸歯紋縁渦紋帯鏡86φ
獣紋縁方格規矩四神鏡117φ
盤龍鏡124φ
1937年発掘 塼槨墓 2室 梧野里第25号墳 本文 図版 画像26 内行花紋鏡100φ 獣紋縁盤龍鏡王氏作132φ
電気会社構内梧野里古墳 1913年発掘 木槨墓 梧野里第1号墳 目次 図版 画像3 方格規矩四神鏡230φ,170φ 連弧紋銘帯鏡174φ
木槨墓 梧野里第18号墳 地図 本文 図版 画像0
塼併用 木槨墓 梧野里第19号墳 本文 図版 画像30 画像14 画紋帯神獣鏡吾作銘186φ ?方格規矩四神鏡187φ
3槨 木槨墓 梧野里第20号墳 本文 図版 画像3 珮玉 +五銖銭27φ
木槨墓 梧野里第21号墳 本文 図版 画像9 (AD71)永平十四年銘漆耳杯 四乳唐草紋鏡98.5φ
梧野里第22号墳 本文 画像0
梧野里第23号墳 本文 画像14 鋸歯紋縁方格規矩四神鏡--φ 蟠螭鏡片--φ
梧野里第24号墳 画像0
古蹟調査特別報告 1 総督府 1919
古蹟図譜1 楽浪郡帯方郡 総督府 1920  
古蹟調査特別報告 4 図版 総督府 1925 楽浪上
古蹟調査特別報告 4 図版 総督府 1925 楽浪下
古蹟調査報告 大正05年度 総督府 1925
古蹟調査報告 大正06年度 総督府 1925 善山郡
古蹟調査報告 大正07年度 1 総督府 1925
古蹟調査報告 大正08年度 1 総督府 1925
古蹟調査報告 大正09年度 1 総督府 1925
古蹟調査報告 大正11年度 1 総督府 1925
古蹟調査報告 大正11年度 2 総督府 1925
古蹟調査特別報告 4 総督府 1929
古蹟調査特別報告 5 総督府 1929
古蹟調査特別報告 6 総督府 1929
楽浪 東大文 1930 王盱墓
古蹟調査報告 大正12年度 総督府 1932 逹城郡
古蹟調査報告 大正13年度 本文 総督府 1932
古蹟調査報告 昭和07年度 1 総督府 1932 永和九
古蹟調査報告 1 古蹟研 1935 彩篋冢
古蹟調査報告 2 古蹟研 1935 王光墓
古蹟調査概報 昭和10年度 古蹟研 1936  
遺物聚英 保存会 1936 彩篋冢
古蹟調査報告 大正05年度 総督府 1937
古蹟調査報告 大正06年度 総督府 1937
古蹟調査報告 大正07年度 総督府 1937
古蹟調査報告 大正08年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 大正11年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 大正11年度 2 総督府 1937
古蹟調査報告 大正12年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 大正13年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 大正13年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和02年度 2 総督府 1937 宋山里
古蹟調査報告 昭和02年度 1 総督府 1937 鶏龍山
古蹟調査報告 昭和05年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和06年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和07年度 2 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和07年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和09年度 1 総督府 1937
古蹟調査報告 昭和08年度 古蹟研 1940 楽浪古墳
古蹟調査報告 昭和09年度 古蹟研 1940 楽浪古墳
古蹟調査報告 昭和10年度 古蹟研 1940 楽浪古墳
古蹟調査報告 昭和11年度 古蹟研 1940  
古蹟調査報告 昭和12年度 古蹟研 1940  
古蹟調査報告 昭和13年度 古蹟研 1940  
楽浪漢墓 二 漢墓刊 1975 石巌219
古蹟研究会遺稿V(1943) 東洋文 2003 石巌218/貞柏24


 

梧野里第5号墳-17号墳 梧野里煉瓦土採場

 

 細線式 獣帯鏡       梧野里第5号墳-17号墳 梧野里煉瓦土採場出土     

流雲紋縁細線式獣帯鏡 164φ 105-0336 梧野里土採場出土鏡

(cf↓)

 

 斜縁  神獣鏡  22      梧野里第5号墳-17号墳 梧野里煉瓦土採場出土     

斜縁神獣鏡22吾作銘142φ梧野里土採場出土鏡


142φ←→
奈良 佐味田宝塚 (146φ)  
奈良 古市方形墳 (168φ)  画像配置が反転
兵庫 ヘボソ塚 (152φ)  と近似
静岡 庚申塚 (162φ)  
 
 

 斜縁  神獣鏡  42      梧野里第5号墳-17号墳 梧野里煉瓦土採場出土     

梧野里土採場出土鏡 画像"神獣鏡"
斜縁神獣鏡42 吾作銘 四乳 164φ 所謂【樂浪鏡】 楽浪郡下冊 図版第1315(中段左) 102-0120-277,278,279,5551 旧関口半氏蔵

「吾作竟 幽湅三商 配象萬彊 統徳序道 敬奉賢良 曾年益壽 官王人子□」
 

梧野里 38.982214,125.749608 wikimapia 貞梧洞

古蹟調査報告. 昭和5年度 第1冊 地図





 飛禽鏡       梧野里第5号墳-17号墳 梧野里煉瓦土採場出土     

所謂【樂浪鏡】
●四乳飛禽鏡
三角縁鳳凰鏡(梅原末治)
88φ 2.9寸 図版第1290 関口旧蔵 四乳飛禽鏡+関口
斜縁四乳飛禽鏡 87φ 2.86寸 図版第1291 富田旧蔵 四乳飛禽鏡
+富田
003B-0374
●平縁四乳飛禽鏡 91φ 2.99寸 図版第1292 富田旧蔵 003B-0376
 

●四乳飛禽鏡三角縁鳳凰鏡 88φ

 
斜縁飛禽鏡(出土地不詳)


 

梧野里第25号墳     

本文68- 図版192-197 画像26
140-1735
内行花紋鏡 100φ
●王氏作盤龍鏡 日月銭文獣紋縁盤龍鏡 132φ 魚を含む獣紋縁

 

梧野里古墳(1913)     

1913大正2 発電所煙突基礎工事 目次 図版
楽浪郡時代の古墳に木槨式があることを初めて知った
 画像鏡片 
梧野洞古墳木槨及木棺略圖
梧野洞古墳木槨及木棺用材
梧野洞古墳發見副葬品 [ 斧(115) 鋺(116) 直刀(117) 坩(118) ]


 

梧野里第18号墳     

本文 | 図版
 銅製弓橑頭5+青銅製弩機栓1( 蓋弓帽 )+青銅製飾鋲1+鉄製車軸頭1+弩機+水晶切小玉
 


 

梧野里第19号墳  (3世紀中葉)   

画紋帯神獣鏡吾作銘 求心式 186φ
本文 図版 画像30 画像14
金銅四葉座飾金具




 

梧野里第20号墳     

  本文 図版 画像3 珮玉 +五銖銭27φ


 

梧野里第21号墳     

本文 図版 画像9
水道工事で発見され発掘調査
過去の盗掘履歴が判明するも
+木棺3 (漆塗り組合式)
●平縁四乳唐草紋鏡 98.5φ
   鋸歯紋縁渦紋帯鏡
破砕鏡 棺材の下部から出た
+ガラス耳トウ+ガラス丸玉
+銀指輪
+永平十四年(AD71)銘漆耳杯
   
cf.) 永川漁隠洞遺跡→
      


鋸歯紋縁渦紋帯鏡 86φ
   平縁四乳唐草紋鏡
土採場出土鏡
001-0117-268
001-0117-269
   


 

梧野里第22号墳 古蹟調査報告昭和5年度第1冊 梧野里古墳出土の諸遺物     

塼槨or塼を併用した木槨墓   
第23号墳とともに出土品は盗掘散逸


 

梧野里第23号墳 古蹟調査報告昭和5年度第1冊 梧野里古墳出土の諸遺物  先漢式小銅鐸      

木槨墓 盗掘散逸した出土品を一部回収 | 本文 | 画像14 |
尚方鏡の様式の崩れた鋸歯紋縁方格規矩四神鏡の出土から中心帯は2世紀
秦式鏡と取り沙汰される強斜縁鏡も4乳に後漢で流行した柿蔕飾のさらに図案化されたものを配している
強斜縁 細線地紋 虬龍鏡
●蟠螭鏡片--φ
三角縁
鋸歯紋縁方格規矩四神鏡 偽銘(八支?)

先漢式小銅鐸 124mm, 120mm, 115, 105mm
   


 

楽浪墓出土とされる 銅甑と銅鍑



梧野里付近楽浪古墳出土の盗掘品の故買品か何かか
平壌中村警部蔵とあるがなにやら犯罪臭が漂う

この算盤珠形状の 銅鍑 は 甑とセットで竃で使用するもので
嶺南の金海を中心として出土する 両耳オルドス銅鍑 
ぶら下げて火に懸けるといった使い道のものとはちょっとちがう
算盤珠形状の佐護クビル出土品は竃で使用するタイプである


청동솥   銅鍑 
#29は初期の王陵クラスの木槨墓(200年頃か)

大成洞 29号墓の 両耳オルドス銅鍑 

大成洞 47号の 銅鍑 
  魏書東沃沮伝の
南沃沮と同定される

永興所羅里遺跡
所羅里土城
でも
 両耳銅鍑 
 
佐護クビル 銅鍑