to map menu

黄州黒橋里遺跡 황북 황주 흑교리 38.797,125.84714       map 

「黒橋面の遺跡と發見の遺物」 本文-本文 図版-図版 明治40年(1907)黄海道黄州郡黒橋駅の東方約50町の平野の高台 | (25)黄海道黄州郡黒橋面@梅原画像.db | 흑교리@朝鮮総督府博物館ガラス乾板 |
埋蔵遺構とする見解もあるが、木槨墓である可能性が指摘されている  -- ( 2 )Korea半島西北部【窖蔵銭】--
紀元前後の遺跡 既存の青銅器文化が急激に衰退して漢式文物が流入する時期に当たる
楽浪漢墓でさえBC1C前半には漢式遺物が副葬されることは少ない 漢式鏡が副葬し始めるのはBC1C後葉から西暦紀元前後のこと

       剣把頭飾銅器
      乙字形銅器(車馬具)                笠形銅器(車馬具)               細形銅矛 細形銅剣   
丈短小形尖帯一条型Ta 式

細形銅剣 
銅製匙五銖銭

笠形銅器(車馬具)

乙字形銅器
(車馬具)

  五銖銭
笠形銅器 
細形銅矛  (車馬具)
剣把頭飾銅器
南井里石巌里土城里貞柏里,貞栢洞梧野里



 

銀波 葛峴里 土壙墓 은파 갈현리 유적 38.316407,125.935507 wikimapia  鉄矛   

  うんぱ がるひょんり遺跡
銀波葛峴里遺蹟
waks.aks.ac.kr
encykorea.aks.ac.kr
黄海道鳳山郡雙山面葛峴里
北朝鮮黄海南道銀波郡葛峴里
初期鉄器時代の土壙墓遺跡
平坦な山のふもと 封土は失われていた
1956年1957年の沙里院歴博による調査
ほぼ正方形の土壙
(2.60×2.50m×深さ1.10m)
+木槨+木棺(周囲に腐食痕跡)
深さ0.70mで鉄製遺物
1.00-1.05mで青銅遺物が出土
+9)細形銅剣1+10)剣把頭飾1+11)細形銅矛1+12)弩機付属金具1+車馬具[13,14,15)笠形銅器3+16,17)ピストル形銅器2+18)乙字銅器6]
+管形銅器6点+青銅帶鉤3+円形剣柄頭2 +22,25)ガラス小玉7
+1)鉄剣1+2,3,4)鉄矛2+6)板状鉄斧1+5)轡1+鉄釘1 +19,20,21)銅円環3+26)花盆形土器