| 梶栗浜 | 宇木汲田 | 高木 | 大石 | 樋渡 | 南小路 | 稗田地蔵堂 | 立岩 | 二塚山 | 岡本D | 鑓溝 | 桜馬場 | 上町向原 | 平原 | 大和天神山 | 下池山 | 柳本大塚 | 桜井茶臼 | 一貴山銚子塚 |

桜馬場遺跡SX-01甕棺侯王墓 33.448765,129.961685 gsi view        スイジガイは六脚  広形銅矛  有鉤銅釧 唐津 

佐賀県唐津市桜馬場4丁目 標石甕棺墓? 1944年の防空壕工事中偶然発見された(SX-01)というから弥生墳丘墓
甕棺編年で KWa KWb として桜馬場式の設定:弥生後期前半以降
広形銅矛はSX-01から出土したものではない すなわち 広形銅矛が駆逐されたステージという年代相で 倭國大乱(210-225年頃)の後の遺跡
有鉤銅釧弥生巴形銅器は海の民が各地に拡散した遺物で ここで埋葬されている侯王も海の民と深い関連性を持つだろう
帝から侯王に授与される最高クラスの遺物 : 帝の治める世界を模した最大クラスの口径の尚方作博局鏡を出土する
同様な遺物を出土する平原#1大和天神山石槨墓との深い関連性を持つ 弥生後期中葉 (3C) の侯王墓
SX-01
棺内
+方格規矩鏡 2
+有鉤銅釧 26
+ドーム状 六脚 弥生巴形銅器 5
+弥生素環頭大刀破片1
+ガラス小玉+ガラス管玉11+ヒスイ句珠3   
付近 +連弧紋鏡破片+広形銅矛破片
 

 後漢尚方作博局鏡  (232φ) 最大サイズのクラス
流雲紋縁方格規矩四神鏡 * 232φ 完形 「十二支」  230,233,232φ 方格規矩鏡の比較
尚方作龍雲紋縁四弁四萼蓮華紋鈕座十二連珠十二支方格八八連弧紋乳規矩四神鏡
尚方佳竟眞大好 上有仙人不知老 渴飮玉泉飢食棗 浮游天下敖四海 徘徊名山採芝草 壽如金石之國保 兮」
●素紋縁方格規矩渦紋鏡 154φ 完形   「上大山見神人 食玉英飮澧泉 駕交龍乗浮雲 長宜官」
雲雷紋帯連弧紋鏡 192φ 破片 銘文なし 長℃q孫内行花紋鏡


  素環頭大刀 +有鉤銅釧 26

ガラス管玉11 +巴形銅器 5 +ヒスイ句珠3



良洞里 205φ


石巌里194 182φ
「魏志倭人伝の時代の末盧国」 h25sinpo.pdf