海抜3mのところまで水色に塗ると……洛東江河口部のあたりは古金海湾というような様相 櫝中に搭載された女國王女の子の昔脱解は無動力で多婆那國から金官國海邊に流れ着く (AD1世紀後葉)
  晋州大坪里
末山里
陜川玉田
池山洞
松峴洞
校洞
坪村里
池山洞
礼山里
八達洞
飛山洞
坪里洞
達城
新川洞
晩村洞
林堂洞
新垈里
陽地里
漁隠洞
蓮渓洞
龍田里
舍羅里
塔洞
金冠塚
朝陽洞
#5
九政里
竹東里
入室里
大垈里
福泉洞
会峴里
伽耶の森3
金海甕棺
弥生土器
大成洞
棒状鉄斧
良洞里
#162
茶戸里
密陽校洞
丸太木棺
三東洞
架浦洞
東外洞
勒島
芳芝里

 

   弁・辰韓社会の文化相及び社会相 朴程郁(2017) に追記・改
段階 年代 墓制 文化・社会変化 外部要素
胎動期
(漢四郡以前)
BC300〜BC200 木棺墓    韓国式銅剣文化の開始
円形粘土帯土器の移入
中西部地域から文化流入(銅剣, 土器)
華夏系移住民の流入
BC200〜BC100    円形粘土帯土器
   韓国式銅剣文化
華夏系及び古朝鮮系移住民の流入
中西部地域と関係
國邑の形成
(縣國之制)
BC100年頃 三角形粘土帯土器の発生 明沙里式土器の影響
BC100〜BC50    青銅器・鉄器を生産
   木棺墓群造成
西北韓及び中西部地域青銅器文化混在
戦国 秦漢初期鉄器文化
BC 50年頃 古式瓦質土器の出現 (朝陽洞5号墓/多紐無紋鏡)
BC 50〜AD 50    楽浪・漢式文化の移入
   嶺南様式青銅器・鉄器の生産本格化
楽浪及び前漢様式の青銅器及び鉄器の影響
王莽期以降 楽浪との交流が活発化して
多紐鏡の副葬から前漢鏡の副葬に移行し
さらに 後漢鏡副葬に移行する
AD 50〜AD150    本格的な漢式鏡の副葬 丸太木棺墓
〜AD200頃    青銅儀器の衰退 九州系青銅器
国家の形成
(郡国制)
AD150年頃 木槨墓 ●木槨墓の移入   (良洞里162号墓)
後期瓦質土器の出現
   棒状鉄斧の出現
   弁辰の発生→弁辰・辰韓24國の成立
   粘土帯土器が消滅し 軟質土器化   
華夏系首長が移住し 在来首長層が受容
楽浪及びその他北方文化
鉄生産技術の革新
弁辰王の発生(華夏系) (弁=華)
AD247    不耐ワイ王受任と弁辰からの鉄輸送への関与 (金海・帯方間の鉄の道)
→亡命した夫餘系血脈を併せ百済王に化ける
AD4世紀後半    南朝・北朝への遣使と三韓の国家形成
AD400年頃〜 石槨墓    伽耶系王族が新羅に取り込まれる 伽耶系王族の拡散
奴界 㚢界 女界 那界 邦界 奴國界



伊界, 壹界, 一界
乘船南北市糴
特置一大率常治伊都國
疎まれた倭國王難升米のシマ
で鍛造鉄材の流通を一手独占
伊都國は壹界の治所の意味
で糸島水道沿岸域が伊都國
で倭國乱を通じての成立
倭人伝「長大」解析から
「倭國亂」は205-215年頃
対海
南北市糴
・阿那 (穴) (a-na)
・多婆那 (tama-na)
・意富(龍)國
・投馬 (tu-ma)
・邪馬戸 (ja-ma-do)
        (=山口) (=阿那戸)
・秦王國
タラシ系入り婿倭國王
 (女王系の血をひく天王) の本貫地
中広形広形銅矛の生産地 各地に配布 広形矛を副葬 広形矛の副葬もあり
 金海式甕棺墓 分布の中心域
劣勢だが箱式石棺墓も混在
大型化した箱式石棺墓から素環頭大刀
箱式石棺墓圏
 甕棺墓 なし
響灘沿岸域の 箱式石棺墓圏 
 甕棺墓 は例外的とされる








+2001a_t1_kai2a.gif 図 (Ver.2a)